福井の会社設立ならお任せください!福井会社設立サポートセンター|税理士法人合同経営会計事務所

福井会社設立サポートセンター 運営:税理士法人合同経営会計事務所 福井県内に4拠点! 福井 坂井 奥越 武生

  • ホーム
  • 事務所概要
  • アクセス
  • サイトマップ

無料相談のご予約はこちら 9:00~19:00(月~金) 0120-57-2996 つながらない場合はこちら 0776-57-2370

会社員編Q&A

会社員を辞めて起業しようと思ったら

まずは、その商売を本当にしたいのか突き詰めましょう。
今の会社や部署が嫌だから辞め、起業をすれば何とかなるだろうと思っているなら止めた方がいいでしょう。現実から目を反らし、逃げているだけです。
 
 

自分の気持ちと向き合い本当に起業したいと思ったら

場合によっては、信頼できる上司、先輩や後輩に話をしてみて客観的な意見を聞いてみましょう。
自分だけで考えていると、どうしても甘い見込みになりがちです。
なんとかなるだろうという気持ちも大事ですが、それだけでは成功は難しいです。
周りの意見も聞いてみて、本当にいけるかどうかを決めることも大切なことがあります。
 
 

先見の明があり成功する人は少数

自分は人とは違うので、儲かる商売がすぐに見つかると思っていても、なかなかそうはいかないのが世の中です。
今までやってきたことで、起業した人の方が、成功する人が多いのです。
流行り廃りに左右されて、自分を見失わないことも大切です。餅は餅屋です。
 
 

コツコツと資金を貯めておきましょう

いざ起業をすれば、お金は結構かかるものです。事務所を借りるときに、敷金、仲介手数料、家賃等、パソコン、プリンター、キャビネット、事務机、内装工事代、運転資金・・・・これらは、すべて自分が出さなければなりません。
会社員の時は、必要なかったかもしれません。起業するためには、自分が身銭を切ってやっていかなければなりません。
また、起業後、すぐに商売が軌道に乗るとはかぎりません。
半年や1年間は、じっと我慢のときが続くことは当然と思っておいた方がよいでしょう。
この間も、家賃、従業員の給料、水道光熱費、通信費等の運転資金はかかりますし、当然に生活費もかかります。
貯金を切りくずして生活することがしばらく続きます。
この間の生活費は、必ず確保しておきましょう。
 
※必要資金のチェックシートを作成しておくと、生活費を含めて、どの程度準備しておくべきかが明らかになります。
 
※起業時に、日本政策金融公庫に融資を申込むときは、コツコツと貯めていた人は、それなりの評価をしていただけます。自分の想いを叶えるために、じっと貯めてきた人は、成功する人も多く、融資をしてもきちんと返済してくれる人が多いからです。
 
 

起業のために自己研鑽

起業をすると、意外に自分のために割く時間がなくなります。自己投資をして、勉強をしたいと思っても学校に行く時間もなくなります。
特に、売上・利益・資金繰りなどの管理は非常に重要になってきますので、会社員のうちに、是非、経理に関する知識は仕入れておきましょう。
また、商工会議所などで、起業を目指す人向けに、創業セミナー、創業塾などを開催していますので、このようなセミナーに参加することも有益です。
目的が同じ仲間ができることも、将来の財産になりますよ。  
 
 

会社を辞めるときは誠実に

退職願を出しても、すぐに辞めることができない場合があります。
例えば、今受け持っている仕事は最後までやりきることは当然のことです。
業種や担当にもよりますが、長いスパンのものであれば、半年や1年位は、かかることはざらにあります。
引き継ぎができるものであれば後任に引き継ぎをすれば良いのですが、そうでないものもあります。また、会社は、皆さんが抜けた穴を埋めるために、新しい社員を探したり、社内での配置転換を考えたりしなければなりません。
これらを考える時間を与えられるようにするのも社会人としてのマナーです。
すぐに起業したいからといって、仕事を放り出したり、自分のことだけを考えて辞めることは絶対にいけません。
できるだけ迷惑をかけないことが、起業してからも良かった思えることにつながります。
 
 

時間をじっくりかけて引き継ぎを

後任の方が、自分が担当していた仕事をきちんとできるように、レールを敷くのは当然のことです。時間をかけて丁寧に引き継ぎをしましょう。
言うまでもなく、世間は狭いです。自分が思ってもいないところで、人は繋がっています。お問合せ頂いた方が、実は上司の知人だったというようなことは、よくありますよ。  
きちんと引き継ぎをしなければ、いい加減な人だという評判が立ち、起業した後に、響くものです。
また、自分が受け持つ取引先がある場合は、先方に真摯な態度で会社を辞めることを伝え、今までの謝意を伝えましょう。
 

 

ご相談・お問い合わせはこちら

Img10.jpg
  ◆会社案内    ◆スタッフ紹介   ◆料金表   ◆アクセスマップ 

Img8_2.jpg